一番のお気に入りスポット!仁寺洞<サムジキル>

仁寺洞について

三清洞で小腹を満たした私たちが次に向かったのが、「仁寺洞(インサドン)」です。
韓国旅行中、私が最も気に入ったエリアです。

 

韓国旅行初日の夜と、次の日(二日目)の午前中に立ち寄りました。
宿泊したゲストハウスが仁寺洞にあるので、ゲストハウスを出て徒歩5分ほどで到着することが出来ます。

 

仁寺洞は古くから芸術の街として栄えた由緒正しいアート街だそうで、伝統雑貨を扱うショップやギャラリーが点在していました。
通りを歩くだけで韓国の伝統や文化が感じられます。

 

私が訪れたときはメインストリートでテコンドーの団体が演武を行っていました。

 

画家さんもたくさんいて、観光客の似顔絵や風景画を書いていたり…。
朝鮮王朝時代からアートの中心地として栄えたというのもうなずけますね。

 

ちょっと珍しかったのが、ハングルで書かれたスターバックスがあったこと。
ハングルの看板が並ぶ仁寺洞通り(仁寺洞キル)では街の景観を壊さないために英語表記のお店もすべてハングルになっているのだそうです。

 

おすすめショッピングスポット@サムジキル

 

サムジキル・カップルや学生がたくさん
サムジキル・カップルや学生がたくさん

 

仁寺洞をぷらぷら歩いているだけでも楽しかったのですが、特におすすめの買い物スポットは、「サムジキル」というアパレルショップや雑貨店などが集まる仁寺洞のショッピングスポットです。

 

韓国らしい商品を販売するショップが多いのでお土産探しに最適でした。
カリジョンという、かわいいイラストが掘られた、手掘りのハンコ屋さんが気になりました。
漢字・カタカナ・英語まで対応してオーダーしてから15分ほどで作ってくれるらしいです。
価格はW3万から。THE韓国を味わうなら絶対行っておきたいスポットですよ☆

 

冷麺とマンドゥでお腹いっぱい♪

 

旅行初日の夜は、このサムジキルの隣の路地裏にあるお店で夜ご飯を済ませました。

 

ここのお店はYさんが韓国ブログで発見したお店で、冷麺とマンドゥがおいしいお店なのだそう。

 

店前ではおばさんがマンドゥを揚げていました。
地元の韓国人が列を作って並んでいましたね。これはとても期待できそう!

 

もっちりなマンドゥ
もっちりなマンドゥ

 

冷麺もマンドゥも、期待通りとてもおいしかったです。

 

私は辛い食べ物が苦手な方なので、汁が赤い冷麺を目にしたときはゾッとしましたが、口に入れた途端あまりのおいしさにびっくりし、そのまま無言で食べ続け完食笑。
辛いと言えば辛いのですが、ほどよくピリッとした辛さでおいしかったです。

 

ちなみにYさんは辛さ3段階のうち、MAXの辛さの冷麺を食べてました…。
もし私が食べていたらどうなっていたのでしょう…考えただけで鳥肌が立っちゃいますね汗!

 

韓国旅行初日の旅はこれにて終了!ゲストハウスに到着し、お風呂に入って、明日のためにすぐに就寝しました。

 

冷たくておいしかった冷麺
冷たくておいしかった冷麺

スポンサードリンク

韓国旅行記2013ブログ目次

最初に

韓国旅行1日目

韓国旅行2日目

韓国旅行3日目

リンク♪